アスペルガーとHSPは相性が良い!?書籍「ひとの気持ちが聴こえたら 私のアスペルガー治療記」感想、あらすじ

本の紹介

 

すごい情報を知りました!

アスペルガーの人とウジウジ思考の人(私のことだよ)って相性が良いらしいです(*^皿^*)

最近読んだこちらの本に書いてあったのー。


簡単なあらすじ・・・

仕事は順風満帆だけどコミュニケーション能力に対する悩みを抱えるアスペルガーの男性の実体験に基づいたお話です。

「アスペルガーが(一時的に)おさまる」という実験的治療を受けることになった著者。実験は成功し、彼はいわゆる「ふつうの人」のように他人の気持ちを推し量れる力を手にしました。

それまで意識もしなかった周りの人たちの感情の機微に気付けるようになり、仕事や人間関係に変化が出てきました。しかしそれは良いことばかりではなく、周囲との軋轢も生み出します。

冒頭の一節につながりますが、著者には鬱病の妻がいました。

他者に共感できないアスペルガーの夫なら、妻が多少ウジウジ気質であっても特に問題はなかったのです。ところがふつうの感覚を得た著者は共感性が高まったために、妻の悲観的思考に同調しやすくなってしまいます。やがて著者自身の心も疲弊してしまうのです。。

 

せつねぇ!

 

鬱ではないけどHSP(敏感体質)を自覚している私は、周りに過敏になりすぎたりウジウジしやすかったりする部分がある。

自分のそういっためんどくさい部分、アスペルガーの夫だからスルーしてくれているのだなと、しんみりしちゃった(´^`*)

 

でも、たまにそれに気付くことがあるんですよね。

アスペルガー夫は切り替えが早く、ケンカしてもすぐに何事もなかったかのように接してくる。そこにイラつく時もありますが、助けられることもあるのは事実。

 

言葉で説明するとクドくなるけど、感覚で自動的に「コノヒト私ニ合ウ」って感じで私たちはアスペルガー男性を選んだのでしょうね。

 

ちなみにこの実験結果は永遠に続くものではなく、徐々に元の性質に戻っていきます。そのことにちょっとホッとしちゃった。

 

アスペルガー夫は、アスペルガーだからこそ魅力がある!

嫌なとこもいっぱいいっぱいあるけど、それは私にもあるし、これまで結婚してきた男性たちにもあった。

 

こちらの本、文字が小さくて分厚いので読むのに時間がかかるかもしれません。

とはいえ内容はなかなか深く、なんといってもアスペルガーさんの長所を再認識させられるます!アスペルガーのパートナーがいらっしゃるみなさんはご一読してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
本の紹介
SAKUをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アスペルガー夫とHSP妻の日々

コメント

タイトルとURLをコピーしました