本の紹介!「夫婦の危機は発達障害が原因かもしれない」

本の紹介

こんにちは!

アスペルガー夫を傍観するのが趣味なSAKUです。

 

今回ご紹介する本は、二人のお医者さんの共著です。

 

お医者さんが書いた本だからちょっとだけ難しいとこもあるけど、できるだけ砕いてお話するから安心してねん(*^▽^*)

 

ちなみにサブタイトル見たかな?

そう、「離婚を考える前に読む本」!離婚を回避したい夫婦やカップルに向けた内容ですヨー♡

この本の大前提は・・・

犯人捜しはコナン君だけがしてればいい!

この本は、アスペルガー(気質)の夫定型発達の妻という組み合わせについて書かれています。理由は、女性からの相談のほうが圧倒的に多いからですって。

 

こちらの本では、誰が悪いのかという犯人捜しは目的じゃないよ!という内容が繰り返し出てきます。発達障害が悪いとか、夫の特性を理解しない妻が悪いとか、そういう話ではないんだーヨ。てことだね。

誰が悪いとか言ってても、夫婦(カップル)間の諸問題は解決しないもんね。

夫婦の問題は、夫婦そろって解決するのがオススメやねん

夫婦の問題は二人の間で起こっているのだから、どちらか片方だけに原因があるのではない。つまり片方だけが解決しようとしても無理なんじゃね?ってことで、著者はカップルでの問題解決を提唱していますヨ。

 

そして皆さんも知ってのとおり、アスペルガーさんって第三者の話だとけっこー素直に信じますよね!?

そのため妻の「苦しいんだヨー」という状況を、夫に説明してくれる人がいるとてっとり早ーい!

 

そういったこともあって、カップルでのカウンセリングやセミナーをおすすめしているのですネ!

アスペルガーさんとあなたの共通点はなあに?

この本にはたくさんの実例と解決のヒントが書いてあるのですが、特に私の心に響いた内容を紹介しますヨー!

アスペルガーパートナーとの関係においては、違う部分を探すのではなく、重なる領域を増やし、違っているところは互いに認め合えるようになることがゴールです。

重なる領域!

 

文章で書くとちょっと難しいけど、二人共通の考え方、好み、趣味、性格とかだと判断!それぞれのカップルによって異なるとは思うけど、あなたとアスペ夫サン、共通してる部分って絶対あるよね!?

 

うちの場合だと、わりと正義感が強かったり、休日はひとりで過ごしたかったり、洋菓子が好きだったり、そんな部分が共通しているヨ。

え?聞いてないって?

 

あなたもぜひぜひ考えてみて(☆ゝω・)

 

アスペルガーさんについて考えると、ついつい自分と「違う部分」に目がいきがちやん?

 

けど、こんなふうに共通してる部分に目を向けると、「あれ、夫と合う部分って意外と多いな」と気付けてちょっとショック、でもポジティブになりませんか?

 

そういう部分を増やしていくと楽しくなりそうだよネー!

 

夫に説明するときは、アンパンマンのマーチを思い出す

合理的思考をするアスペルガーさん。

合理的思考=無駄がなく能率的なこと。無意識のうちに、ムダを省いてしまう考え方。日経ビジネス様を参考にしました

 

とにかく無駄が嫌いなんですね( ་ ⍸ ་ )・・・

 

そんな人種なので「妻の気持ちを考えましょう」と漠然と伝えるよりも、「なんのための話し合いなのか」「なにをすればいいのか」を示すと無駄がないから理解しやすくなりマス。

↑アンパンマンですか=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ

 

この具体例としてこんなネタが書いてあったデスヨ♪

妻は高熱で苦しんでいる時、自分にとって大切な人にそばにいてほしいと思います。これは「安心」したいという気持ちがあるから。

しかしアスペルガー夫は「妻が熱を出している時に自分にできることは何もない。オレ、熱下げられねーし(-_-)」と考えてしまう。そしてひとりで映画を観に行く・・・。

仮に頑張って妻の気持ちに応えようとしても「何分(我慢して)そばにいたらいいんスか(-_-)?」という具体的な目標で考えてしまう。

ポップコーン喉に詰めたろか

 

 

これが合理的思考ってやつなんでしょうけど、そもそもアスペルガー夫は愛着や安心の重要性を分かっていないことが多いらしいッス。

 

なので「あんたがそばにいてくれたら安心やでぇ(´ー`*)」という想いを妻がかなりかなり熱望しているんだということを夫が知ったら、もう少し柔軟な対応ができる。らしい。

 

反対に、夫は妻ほどには安心感とやらに必要性を感じていないということを、妻のみんなは知っておいてネ。

 

具体的なやり方は書かれていませんが(書いてくれyo)、普段から「察して♡」ではなく、自分のしてほしいこと、されたら嬉しいことを言葉で伝えていくことが大事なんじゃないかにゃ。

決まり事を最初にしておく

アスペルガー夫との問題を解決していこうとしたらネ、最初にいくつかの約束をしておくことが大事なんだって。

夫は何があっても怒らないと約束する

アスペルガーの夫が怒ると怖いよねぇ~(´;ω;`)

 

著者さんは、

 

恐怖を感じさせる人に歩み寄ることなんかできるかコラァ!!

 

と断言しています!ソウダソウダ( ̄▽ ̄*)ノ

 

夫婦の関係を良好なものにしていこうとする時、夫には「妻に絶対にキレない!」と約束してもらわなければいけません。

 

恐怖を感じさせる人と心底仲良くなんてできません。

 

本著では具体的なやり方は書かれていませんが(書いてくれyo)、

夫と話す前に「絶対に怒らないで聞いてほしい。私も怒らないから」とお互いに怒らなという約束をするのは結構有効やで。

あっしのよく使う技!

 

約束をすることで、こっちも感情的にならずに会話できるようになるしね(*・∀-)b

 

具体的なやり方は書かれてないけど名言があったので載せます

夫がキレないと約束することは、悩んでいる妻への最大の理解です。

まとめ

あなたがアスペルガー夫に対して、まだ愛情のようなものを持っているのなら。

お付き合いしているときの優しい彼がまだ頭に残っているのなら。

離婚について考えると心がざわざわするのなら。

 

アスペ夫を放り出す前に、一度こういう本を読んでみるといいよ!

 

本を読むと客観的になれるっていうのかな、「アスペルガーの特性だからしゃーないかぁ」って思えたりするのよ。

 

同じ作者さんの本だす( ´ ▽ ` )ノ

けっこう読みやすい本多いよ♪

スポンサーリンク
本の紹介
SAKUをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アスペルガー夫と定型発達妻の日々

コメント

タイトルとURLをコピーしました