男性の取扱いがよくわかる本を見つけました!

本の紹介

アスペルガーのパートナーでお悩みの方にも、恋愛依存の方にも効くなぁと思った本を紹介します。

すごく良い内容だったのですが、今は絶版になっているかもしれません。

しかしこちらの著者は他にもたくさんの本を出されているので、この本以外も参考になるやもしれません。

 

わたしはこの本を図書館でブラブラしている時に見つけたのですが、わたしの中では大ヒットでした。2003年初版ですが、今読んでも全く古くないです。

 

一時期はやった、こちらの日本人バージョンといったところです。

 

↑新装版が出てた!今も人気っぽい!

 

 

脳からみた男性と女性の違いについて、

女性の著者が軽い語り口で語ってくれます。難しくないのでスラスラ読めます。

 

読んでるうちに「脳が違うからしょうがないよね」と思えるというか、思わざるをえなくなるので(笑)、すっきりします。

 

この本の特に素晴らしいところは、「男性とうまく付き合うにはこうしたらいい」という答えを明確に書いてくれてるところです。

 

一部引用しますと

男は、共有する時間に飽きたくらいじゃ、その女を嫌いにならない。男性脳は、「自分の気持ち」に鈍感にできているから。一度情の通じた仲なら、女が嬉しそうに傍にいる限り、男は女を自分からは嫌いにはなれない

妻がヒステリックな性質で自滅しない限り、(たとえ浮気していたとしても)夫は妻を追い続ける

 

どうですかー!?元気になりますよね^^

 

女性はしみじみと気持ちを語らうのが好きで、相手(彼氏や夫)にも「わたしのこと好き?」とか聞いてしまう。でも男性はそもそも、いちいち気持ちを確かめたりそれを言葉にしたりする生き物ではないらしい。

 

女性からしたら当たり前の「言葉に表す」ことが、男性にとっては当たり前じゃないってことですね。脳にその機能がないみたいです。

 

じゃあ仕方ないですよね~ヽ(・∀・)ノ

 

 

他にも浮気した時の男性脳と女性脳の違いや、息子と夫の役割なども書かれていておもしろいです。

女が満たされるコツは二つ。まずは、自分に気持ちのいい男を見つけること。・・・もう一つは、無邪気に、のほほんと暮らすこと。

女性はね自分自身を満たしさえいれば、男性パートナーは満足するし離れて行かないよということです。女性は男性では決して満たされないのです。女性が欲するものを与えきれないのが男性だから。

あなたを満たせるのは、あなただけ。

自分の感情を大切にしよう、という話。

 

 

そして男性脳は、女性を見る時に、目が二重だとか鼻が高いだとか部分的なことは気にしてなくて、姿勢が良い、立ち居振る舞いが嫌じゃないなど、全体的なところを見ているそうです。

 

同じもの(人)を見ても見え方が人によって違うというところですね。

 

女性のみなさん、姿勢、大事ね(*^▽^*)

 

 

男性の考えてることが分からない、そんな時に特におすすめですので、ぜひ読んでみてください♪

スポンサーリンク
本の紹介
SAKUをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アスペルガー夫とHSP妻の日々
タイトルとURLをコピーしました