頭がパニックになったら人のせいにしてしまうアスペルガー、ごめんが言えたら許せるのに

アスペルガーの特徴

またまたご無沙汰になってしまいました。

アスペルガー夫とは、最近は円満にやっております。

 

私の夫は、付き合ってる時より結婚してからの方が落ち着きました。

結婚が向いているタイプなんだと思います。

 

冷静に考えれば、アスペルガーさんの特性に当てはまるからだと思います。

 

結婚といえば、「安定」「日々の繰り返し」がメインなので、アスペさんにとっては得意分野なのかなーと勝手に納得しておりマス。

 

 

 

しかしながら、イレギュラーが勃発したらダメダメです。

 

彼のダメな部分がじゃんじゃん噴出してきます(;^_^A

 

 

先日も、夫が愛犬のリードを離して逃がしてしまい、あやうく犬が車にひかれそうになりました。

ドライバーさんがブレーキを踏んで下さったので助かったのですが、その時に夫がとっさに取った行動は、ドライバーさんに謝るのではなく、犬を心配するでもなく、私をどなりつける、です。

 

すごいよね?

 

私、まっっったく関係ないのにね。どんだけ責任感ないの。

 

すっげードン引きしました。

 

家に帰ってからもしばらく文句言い続けました。

 

さすがに自分が悪かったと思ったのか、最後は「すみません・・・」とボソッと言っていたけど、ああいう時にその人の本性が出るんだよな。

 

まぁそういう人なんだと認識して、期待などは持たないようにしていますけども。

 

 

 

また別の時は、クレジットカードの明細に身に覚えのない使用履歴があったと騒ぎたてました。

〇〇がクレジットカード情報盗んだとかお前が怪しいとか、ありとあらゆるものと人を疑い、あちこちに電話をかけて怒鳴ってました。

 

ご飯の時間になっても自室から出てこないので声をかけたら「それどころじゃないんじゃボケ!!」と怒鳴り返されました。

 

どうしようもないので放置していたら、しばらくして結局夫自身が買ったものの請求だったと判明したらしく。←自分で買ったことを忘れていた

 

「あんな意味不明な名称で書いてあったらわからんわ」と。

 

さんざん人に迷惑かけといてそれだけかい。

 

いっぱいいっぱいになってしまう性質があるということは理解していますが、やっぱりそのあとの対応ですよね。

 

 

悲しい事件の裁判なんかでも、被害者側が加害者側に「反省の色を見せてほしい」「謝罪を」と訴える場面がありますが、「ごめんなさい」があるのとないのとでは事象は同じでも心象は違うんよね。

 

アスペルガーさんの元来の性質はしょうがないけど、ちゃんとその後の「ごめん」「ありがとう」があれば周りはもっと寛大になれると思う。

 

そういうとこなんだけど。

と夫に繰り返す日々です。

 

スポンサーリンク
アスペルガーの特徴 彼との日々
SAKUをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アスペルガー夫と定型発達妻の日々

コメント

タイトルとURLをコピーしました