スポンサーリンク

彼がアスペルガーだと分かった理由~感情を学習で補うアスペルガー~

彼との日々
スポンサーリンク

前記事で少し話しましたが、彼と付き合う前から彼のことをちょっと変わってるなぁと思っていました。

わたしが彼をアスペルガーかも?と思ってからアスペルガーを知るまでの経緯をお話します。

 

 

彼は知能はしっかりしているのですが、会話が嚙み合わなかったり、突き放したように冷たいことを言ってくるような人でした。

また、大勢の人がいる前だと落ち着きがなくなり、うわごとのように独り言をつぶやくさまも見られました。

 

付き合い始めると、おかしいなと思うことがより多くなりました。

意味不明な言葉を突然言う、こちらの話をまったく聞いてない、デートしてるのに一人で行動してしまう、見え透いた嘘をつく、人前で変な動きをする、前触れなくキレる、自分が悪いのに全て他人のせいにするなど、、、

彼は、わたしがこれまでに見たことのないタイプの人間でした。

 

新鮮といえば新鮮でした(笑)。

 

 

わたしはそんな彼に振り回されるようになりました。
だけど私を嫌いで攻撃してくるというよりは、コントロールしきれない何かになるという感じで、なんかおかしいなとは思っていました。また、彼がたまに「オレは障害者だから」と口にしていたことも気になっていました。

 

そんな時にネットで調べて知ったのが「アスペルガー症候群」だったのです。

 

 

これまで聞いたことのない名称でした。

しかし調べれば調べるほど、その症状は彼に当てはまりったのです。

 

アスペルガー症候群は、個人差はあれども、記憶力や計算力などの秀でた才能がある。

しかし感情面が欠落している____まさに彼でした。

 

 

アスペルガーの人は生まれつき脳の構造が違うらしい。だから治る治らないという話ではないらしい。そんなことを知りました。

 

しかしながら、アスペルガーの人は習慣を大事にするので、感情は伴わなくとも習慣として優しさや気遣いを表現できるようになるらしい。元来頭の良い人たちなので、一度できるようになるときちんと繰り返せるようになるらしい。。

 

だって!

ほんとかな?

 

わたしはどこまで彼をコントロールできるのだろう・・・笑。

 

 

わたしもまだまだ手探り状態ですが少しずつ実践していってるので、また折を見てお話していきたいと思います。

彼との日々
スポンサーリンク
SAKUをフォローする
アスペルガー彼氏と定型彼女のいろいろ
タイトルとURLをコピーしました