アスペルガー夫が怒り爆発しても、あなたは悪くないんだよ

アスペルガー対策

アスペルガーのパートナーって、突然怒り大爆発を起こすことがありますよね。そんなことで?ってことで大激怒して私たちを責めまくる・・・みなさんもご経験があるのではないでしょうか!?

 

 

アスペルガー夫(アスペルガー彼氏)が怒った時に、あなた自身を守るために、大切にすべきことがあります。

 

 

それは、

「彼が怒っている原因はあなたではない」と知っておくことです。

 

彼が爆発するきっかけを与えたのがあなただとしても、あなたは悪くありません。もしそこで爆発を回避できたとしても、きっと別のことで彼の爆発を誘発させることになるので、きっかけなんて関係ないのです。

 

アスペ夫をわざと怒らせようとしたんじゃない限り、あなたには何の落ち度もありません。なぜなら、彼がどんなことで怒るかは予測不能だからです。

 

アスペルガーさんってあたかもあなたが悪いかのように責め立てるから、自分が悪いような気持ちになってくるけど、それは彼らが責任逃れするためのやり方なんです。

 

彼が怒ってる原因は、彼自身の中にあるのです。

 

 

だから、繰り返しになりますが、あなたには何も問題はないのです。

あなたは自分を責めてはいけません。「あーまた彼を怒らせちゃった」とは考えないでください。正しくは「また勝手に怒ってるわ」です。

 


先日、我が家ではこんなことがありました。

夫が朝に作っておいてくれた鍋物を晩に温めようとしたら鍋底が焦げ付いていました。おそらく余熱で焦げてしまったのだと思います。

 

そこに夫が帰宅。鍋底が焦げ付いていることに気付いて大激怒!

「お前何考えてるねん!料理が台無しやろがー!!」と怒鳴られました。

「私が火点ける前から焦げてたけど?」

「そんなはずあるかー!朝はそんなことなってなかったわ!!」

すんごい剣幕で怒りながら、焦げをすくっては捨てるを狂ったようにやり続けるアスペルガー夫。

 

怒りのスイッチが入った彼はもう聞く耳を持たず、何を言っても火に油を注ぐだけです。

こういう時は放置プレイするしかやりようがないので、私はワンコを連れて別室に避難しました。

20分ぐらいしてダイニングに戻りました。夫はまだ焦げた鍋と格闘しています( ゚д゚)ポカーン

 

焦げたといっても、底だけだから普通に食べれるんですよ。鍋を洗うのはちょっと大変だけど、家庭料理では焦げなんてあるあるですよね。でも夫は違った。手間ひまかけて下処理から頑張った料理だから、焦げたのが許せない、全部お前のせい!と怒ってました。

 

そして妄想怒りトークを始めるアスペルガー夫。

「オレの帰りを待たずに勝手に食事しといてくれ」←たまたま同時刻になっただけで待ってはいない

「勝手にいじらないでくれ」←いじってない

ほんとに思い込みが激しい。ほんと腹立つ。

 

 

で、勝手に食べ始める夫。そしていきなり「(おまえが)食べへんのやったらもう捨てるわ!!」

かなり意味不明ですΣ(゚Д゚;エーッ!

 

 

話が通じない人をこれ以上怒らせても仕方がないし、私もお腹が空いていたので、

「一緒に食べるんなら誘ってよ。わからへんやん」と軽い口調で言ってあげる、大人な対応ができる私。

 

そしたらボソッと「疲れてる」と夫。

 

「疲れてるん?」と聞き返してあげる大人な私。

 

そしたらつかえが取れたかのように、仕事でストレスが溜まっている、取引先がルーズなせいで何度も同じことを繰り返しやるはめに陥っている、だからご飯作るのがしんどい時もあるという話をしゃべるしゃべる・・・

 

「それは大変やね」「ご飯が無理ならそう言ってな」と親身に聞いてあげる大人な私。

 

いろいろグチを吐き出すうちに、夫は笑顔で話せるようになってきました。

 

そのタイミングで、

「我慢して爆発したらこっちもびっくりするからさー、小出しにしてよ」と言ったら「はい」と言ってました。まぁ彼の特性上それは難しいのでしょうけど・・・。

 


冒頭のお話に戻るのですが、今回アスペ夫が爆発したきっかけは私と焦げでしたが、それまでに夫のイライラは積もり積もっていたのです。ここ数日ずっとイライラして表情も暗かったので、溜まってるなーとは感じていました。

 

だからちょっとしたことでもすぐに爆発できる下地が彼の中にあったのです。赤の他人よりも己をさらけだしやすい(つまり甘えている)家族の前なら、もう怒る気まんまんでしょう。

 

そんな男に私はたまたま巻き込まれただけなのです。

 

 

仮に夫が気分上々の時に同じことが起こっても「あー今日は焦げちゃったか~」で済んだ話かもしれません。

 

私たちもイライラしてる時って、ちょっとしたこと、たとえば赤信号に引っかかったりご近所の世話好きなオバサンの顔を見かけたりしただけでイラッッとしたりするでしょう。それの激しいバージョンがアスペルガーさんの爆発なんですね。

 


【続き】

その晩、寝る前に夫が「朝に鍋を焚きすぎたかもしれへんなぁ」とボソッと言っていました。ちょっと冷静に物事を考えることができたみたいです。

 

いや、それが原因て私は分かってたで、とは言わなかった大人な私。

 

 

夫が爆発しないよう、こまめにグチを吐き出させたいけど、大変な時は口をつぐんでしまうのでなかなか難しいですね。男性はそういうとこありますよね。

 

 

「夫が怒ってるのは、夫に原因があるから。私は悪くない!」

最初のうちは難しいかもしれないけど、慣れです。頭の中で繰り返していると慣れます。

 

慣れるとあなたの心が軽くなります。忘れないでネ(*ゝω・*)ノ

スポンサーリンク
アスペルガー対策
SAKUをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アスペルガー夫とHSP妻の日々

コメント

  1. アバター きりん より:

    「彼の怒りは私のせいではない」の記事、カサンドラについて書かれた本にはありましたが、どういうふうに彼の怒りに対応したら良いかまでは具体的に書かれておらず、大変参考になりました。ありがたいです。
    最近は「疲れた」とよく言うのですが、なんで疲れたかを彼から話してくれないので、前まではなんでなん?私が悪いん?と聞いて、ぶつかって大喧嘩して、別れることを繰り返していました。
    最近はさすがに学習したので「そうなん」と放置することを覚えてやり過ごすようにしていましたが、なるほど!そんなふうに誘導してあげたらいいのですね。アスペルガーの診断がついていなかった頃は、彼は自分の世界に入って来られたくない人だとの認識しかできておらず、もやもやしたままでした。

    ところで先日はコメントにお返事いただき、ありがとうございました。
    私がいちばん不満だったのは「あなたも大変でしたね」の言葉が誰からも無かったことでした。彼が診断を受けたことを話すと、「パートナーの方はしんどかったでしょうね」と言われて、それに対しては何ら反論もありませんが、なぜモヤモヤするのか?と思っていたら、結局私に対するねぎらいの言葉を誰もかけてくれない!という私の器の小ささでした。
    こちらのブログが更新されるのを楽しみにしています。

    • SAKU SAKU より:

      きりんさん、コメントありがとうございます。
      アスペルガーのパートナーとのお付き合いは毎日大変なことと思います。
      そりゃ当人もしんどいでしょうけど、常識や普通の会話が通じないこちら側のストレスはかなりのものがありますよね。
      モヤモヤがすっきりされたようで良かったですネ(´∪`*)

      きりんさんのように柔軟なお考えの方、私も見習わねばと思います。
      お二人の幸せを祈っています♪

タイトルとURLをコピーしました