物を持たないアスペルガーに学ぶミニマリストのコツ

アスペルガーの特徴

アスペルガー夫は、ミニマリストだと思います。

流行りの「物を持たないスタンス」を実にナチュラルにやっちゃってます(^ω^)

 

わたしもどちらかというと物をコレクションしないタイプなのですが、彼には適いません。

 

そこで今回は、アスペルガー彼氏に学ぶミニマリストのコツをみてましょう(*´∀`)/

そもそも持ち物が少ない

男女差

まずは何といっても、性別の違いが挙げられます。

 

女性はいくら物を減らすといっても、下着、化粧品、生理用品など、性とは切り離せない持ち物があります。

 

なのでアスペルガー夫は、男性という面でも物が少なくて済んでいます。

おしゃれに無頓着

さらに彼はオシャレに超無頓着。

 

洗濯替えの服があればよく、しかも流行も季節も全くこだわりがないので、夏は半そでになる程度で春夏秋冬いっつも同じ恰好をしています。

 

かの有名なスティーブ・ジョブズさんが、毎朝コーディネートに悩む時間がもったいないからと同じ服を買い揃えて毎日同じパターンで着ていたという逸話がありますが、まさに夫もそんな感じ。

 

スティーブ・ジョブズさんも発達障害だったのではと言われてますが、パターン化を好むあたり、アスペルガー気質と重なる部分がありますネ。

 

彼らは、必要最低限のものがあればOKという割り切りが見事です。

付属品は持たない

アスペルガー夫は、アクセサリーなどの付属品を全く持ちません。

 

マフラーや手袋、傘、アクセサリーといった、なくてもいいけどあったほうが便利orおしゃれなもの、そういったものに興味がないようです。腕時計は一応持っているみたいですが、毎日してるわけではないです。

 

とはいえ、このあたりは人によるかなと思います。

物に対する執着がない

私は物に対する愛着がすごくあるタイプなので、夫の執着のなさには驚かされます。

 

洋服がそのへんに散らかっていて踏んでも平気だし、仕事用の大事な本が汚れても平気、さらに彼のプリンタなのに私に使っていいよと言ってくれます。

 

逆に私は、夫が私のスマホの充電器を使ってるだけで激怒してしまいます。自分のものを使わないでもらいたいのです。私は執着が強すぎるのだと思います。

 

アスペルガー夫は執着がないからこそ、強く欲しいと思うこともないんだろうなと思います。

アスペルガー夫がミニマリストになりきれない理由

ところが、物を増やさない・持たないことにかけては優秀なアスペルガー夫でも、ミニマリストになりきれない部分が一点あります。

 

それは、物を捨てることです。

 

物自体に執着はないくせに、捨てる行為は面倒くさいのか、要らないものを溜め込むクセがあります。ゴミをゴミ箱に捨てることすらできない時があります。

 

さらに「そのうち使うかも」と不用品を取っておくこともあります。

 

ちぎれた充電コードまで取ってあるけど絶対使わんやろ(たまにこっそり捨ててます㊙)。

 

物を捨てることがもっとスムーズにできるようになれば、彼は完璧なミニマリストになれるはずのに。部屋も片付くのになー。

まとめ

物を厳選するのが好きな私は季節の変わり目ごとに断捨離をするのですが、迷った時はこんまりさんの「ときめくorときめかない」を指針にポイポイしていってます。

そしてこの本↓、初めて見つけましたが、おもしろそうやから今注文いれてしまいました(●´艸`) 物を1つ増やすたびに2つの物を捨てるとか、視点が新しいですね。

楽しみ♪

今日もありがとうございました!

スポンサーリンク
アスペルガーの特徴
SAKUをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アスペルガー夫とHSP妻の日々
タイトルとURLをコピーしました